NEWS

GARDEN

2022.05.19

Sasquatchfabrix. 新作情報 

22SSは「flowers」をテーマに掲げて制作しています。
植物は地球上のバイオマスのうち、99.5%を占めている地球上の覇者である。
動物が五つの感覚をもっているように、植物も物を見て、匂いを嗅ぎ、味を区別し、触れられたことを認識し、音を聞いている。
また動物が持たない感覚を持ち、植物独自のコミニュティなどを使って動物を上手く操り、自分の繁殖に有利になるように行動させている。

「サトウキビ、トウモコロシ、米、小麦、ジャガイモ、大豆」、この六種類は全世界のほとんどの人間の栄養をまかなっている。
これらの植物は人間に食べさせる事によって繁殖する道を選び、人間に昆虫から身を守らせ、手をかけて栽培させ、遠く離れた場所に広がっていった。
「人が花を見て美しいと感じるのは、人間を操って、世界に広がっていく手伝いをさせるための植物の戦略では?」という仮説もあったり。
事実、花を咲かせて蜜を吸わせ繁殖の手伝いを昆虫にさせている。

花は、人間の歴史の中で、衣服を始め様々なものに文様として絶えず描かれてきた。

魔除けという側面として使われたり、自分を美しく彩るために使われたり、様々な用途で使われている。
花柄を身につけるという事は人間に、一体どのような作用があるのだろうか?

ベトナム戦争を背景にしたフラワーチルドレン(アメリカのヒッピー)達は愛と平和の象徴として思い思いの花を身に纏った。
反戦運動でペンタゴンを取り囲んだフラワーチルドレンの一人が自分に向けられた銃口に花を挿した。

この行動はのちに「フラワー・パワー」呼ばれた。
植物が地球の支配者であるならば、人間が作ったライフルより花を選んだのは正しかったと言えるのではないだろうか。

と難しいテーマの様ですが、
コレクションは華やかで最近のSasquatchfabrix.では一番好きです。