大本命!!TAUPE スタジアムジャンパー&キルティングラップコート入荷【GARDEN ONLINE】

10月に入っていよいよ秋冬の入荷も終盤戦。
秋冬で一番ワクワクさせてくれて、
でもそれだけ頭を悩ませてくるあれ。
そう、大本命。アウター。
すっかり名も浸透してきたTAUPEより選りすぐりのアウターを2つご紹介、、
1つ目はスタジャン。
"Vintage Check Stadium Jacket"
実はこちらのスタジャンは、入荷を心待ちにしていたアイテムの1つ。
スタジャンというと、古着屋で見かけることはしばしばあっても中々手に取ってこなかったアイテム。
なんか男臭いイメージが自分の中で払拭出来ずに嫌煙してました。でも歳を重ねて、
最近実はかなり気になるように、、もともと短丈のアウターを探していた自分にとってはドンピシャ。
リブで袖も着丈もメリハリはしっかりとつくものの、アームホールも身幅もTAUPEのサイズ感。
ゆったりとしてるので、中に着込むのも問題なし。
LOOKのようにパーカーが個人的にはおすすめ。
生地もブランドらしさ全開のビンテージライクなチェック素材を採用。
カラーも男臭くなりすぎない良い塩梅。
内側には中綿をキルティングすることで保温性もバッチリ。
面も機能も良しの1着。
僕と同じく短丈を探している方は是非!
続いては真逆のアイテム。
"Quilting Lounge Wrap Coat"
こちらは、丸みを帯びたガウン調のショールカラーコート。
僕個人のロングコートに対するイメージは『カッコいい』だったり『様になる』とかもちろんいいイメージ。
でも天邪鬼な自分は、あまりにカッコ良くなりすぎちゃうのも苦手だったりする、、
そんな中、このキルトのコート。
中綿をダイヤ柄状にキルティング加工し、膨らみを出すことでかなりのボリューム感。
落ち感のあるシュッとした印象のそれでは出せない不思議な雰囲気。
同色の太畝コーデュロイの切り替えもいい味を出してますね、、
シンプルにこの生地でこの形のコートってあんまり見ないなって思います。
アウターの選択肢って、少なく感じて飽和状態だったりしません?
このコートで周りから頭一つ抜けられるかも、、
見た目のインパクトは大きいけど着たら絶対馴染む。
リアルクローズを追い求めるTAUPEだから作れる少し面白いけど沢山着れちゃうコート。
最高です。
TAUPE一覧